なぜ生理前になるとニキビが出来やすくなるの?

 

生理時期にできやすい鼻やおでこのニキビについて
予防と対策について、お話しします。

 

そもそもなぜ生理前になるとニキビが出来やすくなるのでしょうか。

 

実はお肌のトラブルと女性の生理には密接な関係があります。
御存知のように生理前にはお肌が荒れやすく、気分も憂鬱になりがちです。
そもそもこの生理時期にこのような症状になるのはなぜなのか?
それは実はホルモンの影響なんです。
女性はもともとその名の通り女性ホルモンが男性ホルモンより多く、女性ホルモンの
健康的な活動により身体を維持しています。
この女性ホルモンは肌の潤いであったり、体液のPH値であったり、汗腺の管理であったりと
沢山の「美しさ」に必要な働きを担っています。
しかし、生理前にはこの女性ホルモンが少なくなり男性ホルモンが優位にたってしまいます。
この男性ホルモンは皮脂の分泌を過剰にしてしまい、さらに肌を固くしてしまう
厄介なホルモンです。
ニキビは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれる皮膚疾患なのですが原因は2つあります。

  • 原因1:男性ホルモンが優位に立つこと
  • 原因2:皮膚角質が固くなり、毛穴を閉じてしまう事

 

モロです。もろに生理前の女性の状態とピッタリ当てはまるのです。
だから生理前には肌荒れだけでなくニキビも出来やすい状態になってしまうのです。

生理前に鼻やおでこにできるニキビの予防と対策方法!

 

では原因がわかったところで、実際にどうしたら予防と対策が出来るのか一覧にしてみましたので
ご紹介いたします。

 

食生活の改善

動物性脂質を避け、野菜やフルーツを飲食するように心がけて水分を多く採りデトックスしましょう。
特にビタミンCとビタミンEは肌のターンオーバーを助ける働きがあるのでおススメです。

 

大豆飲食品を多く飲食するようにしよう!

これは効果が大きいのでぜひお試ししてみて下さい。
大豆食品や豆乳に多く含まれるイソフラボンは生理前に減退する女性ホルモンと
同じ働きをしてくれます。
体内で少なくなってしまった女性ホルモンを食生活にて摂取して補ってあげましょう。

 

入浴をきちんとして睡眠時間は6時間以上!

入浴は身体のデトックス効果だけでなく、毛穴を開いてくれる働きもあります。
毛穴が開いた状態での洗顔はニキビに効果的です。
また、肌のターンオーバーサイクルは睡眠後5時間程度で完了すると言われています。
睡眠時間はなるべく6時間以上とるように心がけて肉体的にも精神的にも
ストレスをためない身体をつくっていきましょう。

 

鼻やおでこを触る癖がある人は注意です!

ニキビの中でも赤ニキビと呼ばれるニキビが赤い人はこの癖がある可能性があります。
手には沢山の細菌がついています。
ニキビは皮膚炎症ですので、赤くなるという事はアクネ菌などの細菌に反応している可能性があります。
皮脂の出やすい鼻の頭やおでこの部分をよく触る癖があると、そこの細菌が繁殖をしてしまい
ニキビの出来やすい環境を整えてしまいます。
特に生理前はお肌バランスが崩れるので意識して触らないように気をつけましょう。

生理前のニキビを改善する化粧水

 

リプロスキンというにきびケア化粧水があります。

 

今までの化粧水に比べて、はるかに
潤い成分を効果的にお肌の奥の角層まで浸透させます。
生理時期のお肌の乱れによる乾燥も
効果的に保湿してくれます。
生理時期のお肌は乱れがちなので、
にきびケアという点だけではなくお肌の潤いを保つという意味でもリプロスキンはおススメです。